技術とサービス

リニューアル工事

外装工事

豊富な実績を生かし、適切な補修技術を提供

建物の外壁は、一般的に建築後10年以上を過ぎると、補修・改修工事が必要になります。当社は、民間ビル、官公庁施設をはじめ、一般建築物の補修・改修工事の経験を生かし、常に新しい技術工法を導入しながら、高度で確実な施工を行っています。
外壁の損傷は、表面劣化、ひび割れ、浮き、はがれ、雨水の浸入、汚染、外力による損傷など様々で、事前の調査診断には技術と経験が必要です。正確な診断、欠陥の調査診断が大切で、状況に合った正しく確実な補修工事が求められます。

外装工事

塗装工事

内外壁塗装は、様々な仕様がありますが、鉄部・内外壁共に塗装面を保護する役割と美観を復元する役割があります。

外壁

塗装工事
劣化した塗膜を高圧水洗浄でできる限り除去し、入念な下地調整の上、ウレタン・シリコン等の最適な塗料を選別して塗装仕上げをします。

鉄部

鉄部
劣化した塗膜及び浮き出た錆を入念なケレン作業の後、変性エポキシ錆止め塗料を下塗りの上、最適な塗料を選別して塗装仕上げします。

コンクリート系外壁の改修

コンクリート系の外壁には、美観と躯体保護の目的で、様々な仕上げ工事が行われています。
しかし、外壁は常に、日光、風雨、温度変化の影響を受け、仕上げ材は経年的に劣化を続けます。劣化した状態で放置をすると外壁保護機能の低下により、躯体本体の損傷を招き、漏水などが発生し、改修費用が増大します。
一般に、仕上げ材の耐用年数は、材料の仕様、メンテナンス状況、環境条件により変わりますが、10年程度と考えるのが無難で、定期的な改修が必要になります。

ショッピングモールの防煙ガラスの清掃

  1. 足場設置
  2. 下地調整(全体ケレン)
  3. 高圧洗浄
  4. 下地補修
  5. 養生
  6. 下塗り
  7. 中塗り
  8. 上塗り
  9. 確認チェック作業
  10. 足場解体・清掃

外壁の様々な補修工事に対応

ビル等の外部補修は、高所の作業になり、チョットした補修、点検作業などにも頭を悩ませるビルオーナー様は多いことと思います。
当社は、グループ会社に業界トップグラスのガラス・外装清掃会社があり、ゴンドラ運転、ロープを使っての高所へのアクセスなど足場架設などに頼らずに高所の作業が可能です。
当社の経験豊富な建築外装補修技術とグループ会社の高所作業技術を組む合わせ最も経済的で高品質、かつ安全な工事を提案します。

外壁の様々な改修工事事例

  • 外壁清掃工事
  • 看板の取替・補修
  • 外壁診断
  • シールの打ちかえ・雨漏りの点検補修
  • 照明、換気扇、ガラリなどの点検・清掃・補修
  • 一部のモルタル・タイル浮き部分の撤去・補修
  • 外壁の様々な改修工事事例
  • 外壁の様々な改修工事事例

外壁仕上塗装のポイント

既存コンクリートが劣化している場合は、下地補修(ひび割れ補修、鉄筋露出部補修、欠損部補修、下地浮き補修)が重要です。また、劣化した旧塗材を撤去することも大切です。

GO to Top